社内いじめの結末。

職場いじめは決して許されることではないが、残念ながら珍しいことではない。
仕事のストレスを嫌がらせという卑劣な形でしか表現できない人がいるのは紛れもない事実だ。
ただし、その先に明るい未来はない。
他人の悪口を言ったり、蔑むような態度をとる人間が周囲から羨望の眼差しを受けたり、憧れの存在になることはないからだ。それはつまり、人の上に立てないことを意味する。

社内では、仕事ができて多くの社員から信頼される人間が昇進する場合がほとんどだ。
むしろ、他人を蔑むような人間は人の上に立つべきではなく、逆に社内の輪を乱すので淘汰されるべき人間なのだ。
昇進できないとなると、給料も上がらず、後に年下の先輩ができるなどして社内の立ち位置が危うくなってくることもある。
もしそうなったとしたら、卑劣ないじめ行為が引き起こした因果応報と言えるだろう。

また、もしもいじめの対象者が精神的に病んでしまい、退職することになったとしたら大問題にもなる。
これは単なる退職ではなく、パワハラによる退職だと訴えられる可能性もあるからだ。
もし訴えられでもしたら社内の評価は確実に下がるし、慰謝料の支払いも求められるかもしれない。
さらに、精神的な病に止まらず、自ら死を選ぶような結末になってしまったら、償い切れない現実を背負うことになるだろう。

このように、軽い気持ちで嫌がらせをしたとしても、やられている本人は強いストレスを感じるものだ。
他人を蔑むことは、絶対にあってはならないのだ。